介護療養型医療施設はどんな老人ホーム?

介護療養型医療施設はどんな老人ホーム? 介護療養型医療施設とは、一般的な老人ホームと同じく、要介護者を受け入れてくれる施設です。
しかし、名前に「医療」と入っている通り、医療機関の側面が強いです。
入居者の食事や排せつなどの身の回りのケアも提供されますが、医療行為(注射や吸引など)やリハビリの提供に重きを置いています。
病院に併設されていることも多く、その特徴から、療養病床とも呼ばれています。
介護療養型医療施設に入居できるのは、原則65歳以上で「要介護1」以上の介護認定を受けている人です。
入居者は、病状の回復を目指し、充実した医療ケアやリハビリを受けられます。
一般的な老人ホームと違うのは、介護療養型医療施設では終身利用が約束されていないという点です。
入居者の心身の状態が回復してきた場合には、退所を求められる場合があります。
また、医療ケアに重きを置いているため、レクリエーションやイベントなどの入居者向け生活支援サービスはあまり提供されません。

認知症の方が老人ホームへ入居するには先ず特徴を調べる

認知症の方が老人ホームへ入居するには先ず特徴を調べる 高齢者を対象とした介護施設はその特徴からいくつもの種類に分けることができます。
その中で認知症患者を受け入れているのは、公的施設ではケアハウス、介護老人保健施設(老健)、特別養護老人ホーム(特養)があり、民間施設では介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、グループホームです。
ただ注意しなければならないことは、ケアハウスや住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅は施設によっては認知症患者の受け入れが可能であるという点とグループホームは軽度から中程度の患者を対象としていることです。
ですから重度の患者であったり、暴力や暴言がひどいなど周りの方とうまく集団生活ができない方は受け入れを断られる可能性があります。
また老健は主に在宅や他の介護施設への復帰を目指し、リハビリなどのケアを行なうことを目的としているため一定期間で退去することが前提となっており、平均利用期間は3ヶ月程度となっています。
特養については公的施設のため利用金額がそれほど高くないことで利用希望者が殺到し、何十人もの予約待ちの状況となっています。